情報提供
JCTN(Japanese Cancer Trial Network)共通ガイドライン

JCTN(Japanese Cancer Trial Network)共通ガイドライン http://jctn.jp/guideline.html

研究者主導臨床試験のあり方を考える会

第3回「研究者主導型(医師主導)治験のゆくえ」 (平成15年11月29日)
第2回「第24回臨床研究・生物統計研究会 Joint Meeting」 (平成14年12月13日、14日)
第1回「がん研究を中心として」 (平成13年12月14日)

公開フォーラム

「がん先端医療を速やかに患者に届けるには」のテーマで,患者支援団体特定非営利活動法人(NPO)血液情報広場・つばさとの共催で,先端医療を担う関係団体,医療関係者,当事者・家族の方々との意見交換の場を1年に1回設け,現在の課題の確認と,今後の活動のもととなる具体的な行動計画の策定を共に行なっています。

第3回 公開フォーラム (平成19年2月24日)

がん先端医療を速やかに患者に届けるには
 〜よりよいがん治療実現のための両輪:情報センターと電話相談〜

第2回 公開フォーラム (平成17年11月27日)

がん先端医療を速やかに患者に届けるには
 〜患者とその家族をめぐる諸問題解決に向けて〜

第1回 公開フォーラム (平成16年11月6日)

がん先端医療を速やかに患者に届けるには 〜さまざまな障壁の認識とその克服に向けて〜

移植医療臨床研究支援事業若手研究者派遣助成プログラム

造血幹細胞移植領域の臨床研究・患者教育に携わる若手研究者の育成を目的に、海外留学・研究派遣支援を行っています。

2009年度 庄野雄介 北海道大学医学部血液内科大学院生(博士課程) 医員
2010年12月1日- 2012年11月30日
派遣先:Yale University School of Medicine Cancer Center and Departments of Medicine and Immunobiology
目的:同種造血幹細胞移植後の移植片対宿主病および移植片対腫瘍効果の差別化を目指した治療および、抗体療法による免疫再構築の促進と抗腫瘍効果に関する研究 支給金額50万円
 
2009年度 川瀬孝和 Fred Hutchinson Cancer Research Center, Program in Immunology, Postdoctoral Research Fellow
2010年4月1日- 2013年3月31日
派遣先:Fred Hucthinson Cancer Research Center
目的:同種造血幹細胞移植におけるcGVHD発症および制御メカニズムの解明とその臨床応用 支給金額50万円
 
2009年度 沼田晃彦 九州大学病院遺伝子細胞療法部医員
2010年6月1日- 2012年5月31日
派遣先:National University of Singapore Cancer Science Institute of Singapore
目的:白血病幹細胞を標的とした新規造血幹細胞移植前処置の開発 支給金額50万円
 
2008年度 杉本恭子 名古屋大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学
2009年9月1日- 2011年8月31日
派遣先:National Institutes of Health, Hematology Branch, National Heart, Lung, and Blood Institute
  目的:同種造血幹細胞移植による抗腫瘍効果の発現メカニズムの解明および免疫療法の開発に関する研究 支給金額150万円
 
2007年度 寺倉精太郎 名古屋大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学
2008年7月1日- 2011年6月30日
派遣先:Fred Hutchinson Cancer Research Center
目的:同種移植後再発抑制に関わる分子に関する研究、およびこれを用いた T細胞養子免疫療法の基盤的・応用的研究 支給金額150万円
2006年度 藤井伸治 Fred Hutchinson Cancer Research Center, Clinical Fred
2006年3月1日- 2009年7月31日
派遣先:Fred Hutchinson Cancer Research Center
目的:Case-control studyによる移植片対白血病効果関連遺伝子の同定 支給金額150万円
⇒報告書
2006年度 酒井美和 Fred Hutchinson Cancer Research Center, Clinical Research Division, Gastroenterology/Hepatology
2006年12月1日- 2008年12月31日
派遣先:Fred Hutchinson Cancer Research Center
目的:造血幹細胞移植後の消化器合併症に関する臨床研究 支給金額150万円
⇒報告書
2005年度 齋藤俊樹 Massachusetts General Hospital
2006年4月1日- 2007年3月31日
派遣先:Massachusetts General Hospital
目的:細胞治療,特に同種造血細胞移植における第一相試験の方法論の確立 支給金額:150万円
⇒報告書
2005年度 加藤光次 国家公務員共済組合連合会 浜の町病院 血液内科
2006年4月1日- 2009年9月30日
派遣先:Adult Blood and Marrow Transplant Program, University of Michigan Comprehensive Cancer Center
目的:造血幹細胞移植領域における臨床試験の先進である米国で,具体的な手法や推進の仕方を学ぶ 支給金額150万円
⇒報告書
2005年度 西田徹也 Fred Hutchinson Cancer Research Center, Clinical Research Division, Program in Immunology, Postdoctoral Fellow
2004年4月14日- 2007年9月30日
派遣先:Fred Hutchinson Cancer Research Center
目的:同種造血細胞移植後の移植片対白血病効果および養子免疫療法に関する研究 支給金額:150万円
⇒報告書
2004年度 山本精一郎 国立がんセンター がん予防・検診研究センター 情報研究部予防・検診情報評価室 室長
2004年11月15日- 2004年12月30日
派遣先:米国国立がん研究所,米国食品医薬品局
目的:移植領域の臨床試験の方法論とくに必要データと品質保証 支給金額:50万円
⇒報告書
2004年度 齋藤明子 Department of Medical Oncology, Dana-Farber Cancer Institute Post-Doct Research Fellow
2004年9月1日- 2005年8月31日
派遣先:Dana-Farber Cancer Institute
目的:造血幹細胞移植領域の臨床試験の方法論 支給金額:150万円
⇒報告書
2004年度 田中祐次 Duke University, Program in Molecular Therapeutics, Research scientist
2003年8月23日- 2006年3月31日
派遣先:Duke University
目的:移植患者の支援 支給金額:150万円
⇒報告書