トップページへ アクセス リンク 公益信託日本動脈硬化予防基金  
高齢者高血圧コホート研究(J-CHEARS Study)
http://www.crsu.org/chears.html

このたび、有志により高齢者における高血圧とその合併症の研究推進を目的に高齢者高血圧研究グループを設立し、高齢者高血圧患者のコホート疫学調査を行うことといたしました。この研究は高齢者における血圧値および動脈壁の硬化度を考慮し、治療によりどの程度改善するか追跡調査を行うものです。更に治療による評価のみならず、ADLや認知機能などをも検討したいと考えており、今後の高齢社会を考慮した基礎資料を得るという意味では大変意義深いデータが得られると期待しております。
先生方におかれましてはこの研究に是非とも参加してくださいますようお願い申しあげます。
(研究参加申請書・参加手順書はこのページの最下部にございます。)

高齢者高血圧コホート研究(J-CHEARS Study)の概要


●目的
多施設による高齢者臨床高血圧のコホート研究。T群(初老期50〜64歳)、U群(高齢前期65〜74歳)、V群(高齢後期75〜84歳)、W群(超高齢期85歳以上)に分類し、脳血管疾患、心疾患、その他の末梢血管疾患の発症と死亡、そのほかに総死亡、悪性新生物の発症および死亡、要介護(認知機能障害、ADL低下)などを標的の対象とし、血圧値、PWV(脈波伝播速度)、他の危険因子との相関を追跡する。

●研究デザイン
多施設共同の中央登録方式による大規模臨床コホート研究。

●対象者
1)登録時50歳以上の日本人男女で、長期観察が可能であり、認知機能に障害がないもの。
2)高血圧治療中の患者。脳血管障害、心筋梗塞などの合併症のない通院による長期観察可能な高齢者本態性高血圧患者を対象とする。この場合、治療とは薬物治療を主体とするが、非薬物治療にあるものも対象に含める。治療中の場合には血圧値は問わない。
3)未治療の高血圧患者については、座位における収縮期血圧140mmHg以上 and/or 拡張期血圧90mmHg以上のものを対象とする。なお、この場合、機会を別にして少なくとも2回の診療でこの基準を満たすものとする。

●除外基準
1)何らかの降圧薬に関する無作為治験の管理下にあるもの。ただし、服用降圧薬が明らかなものならびに盲検治験終了後は対象としてよい。
2)登録時に悪性腫瘍、閉塞性肺疾患、関節リウマチのいずれかがあり、長期服薬治療中のもの。
3)腎不全(登録時血清クレアチニン2.5mg/dl 以上)のもの。
4)登録時、心房細動または粗動の既往が確認されているもの。心房細動のある患者については、慢性、発作性にかかわらず全て除外する。
5)登録時に弁膜症があり、薬物治療の管理下にある患者。弁膜症については、登録時に臨床的に有意なもの(何らかの治療を必要とするもの)を除外する。
6)登録時にインスリン治療中の糖尿病患者
7)脳血管障害、狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、(解離性)大動脈瘤の既往があるまたは治療中の患者。
8)二次性高血圧患者
9)その他、主治医が不適当と考える患者

●標的イベント
一次エンドポイント
1)脳血管障害:発症・死亡
2)急性心筋梗塞、PCl・CABG施行、心臓急性死
3)うっ血性心不全:発症・死亡
4)(解離性)大動脈瘤:発症・死亡
5)閉塞性動脈硬化症:発症
二次エンドポイント
1)総死亡
2)悪性新生物の発症および死亡
3)狭心症
4)ADL、認知機能低下
5)大腿骨頸部骨折
6)腎機能障害

●検査、調査項目

観察時期 登録時
(STEP0)
12ヵ月後
(STEP1)
24ヵ月後
(STEP2)
36ヵ月後
(STEP3)
48ヵ月後
(STEP4)
60ヵ月後
(STEP5)
同意書取得  
身長  
体重
栄養調査  
身体活動調査  
血圧・脈拍測定
家庭血圧測定
胸部レントゲン写真
心電図
PWV・ABI
服薬調査
生化学・血糖・尿検査
脳心血管イベント悪性新生物の発症と死亡総死亡大腿骨頸部骨折腎機能障害 イベント発生次第、2週間以内に適宜報告
ADL、認知機能評価(65歳以上登録時&適宜)

 

●実施時期・期間
パイロットスタディ
登録:平成16年1月1日〜平成16年12月31日 追跡:平成21年12月31日まで
本研究
登録:平成17年1月1日〜平成18年3月31日 追跡:平成23年3月31日まで

●研究費
研究費は、公益信託日本動脈硬化予防研究基金によって助成される。

●研究推進委員(H16.8現在)
東京大学大学院医学系研究科 加齢医学 大内 尉義
東京大学大学院医学系研究科 生物統計学 大橋 靖雄
東京都老人医療センター 循環器科 桑島 巌
東京大学大学院医学系研究科 加齢医学 小島 太郎
自治医科大学 循環器内科 島田 和幸
東北労災病院 予防医療センター 宗像 正徳
東京医科大学 第2内科 山科 章

●顧問
阿部 圭志  
東北大学名誉教授、仙台社会保険病院名誉院長 
小澤 利男  
東京都老人医療センター 名誉院長
矢崎 義雄  
独立行政法人国立病院機構 理事長

●高齢者高血圧研究事務局
住 所:東京都文京区湯島1-2-13 西山興業御茶ノ水ビル3F(NPO日本臨床研究支援ユニット内)
電 話:03-5297-6258  ファックス:03-5297-6259

高齢者高血圧コホート研究(J-CHEARS Study)参加申請書

高齢者高血圧コホート研究(J-CHEARS Study)参加手順

 

 

▲ このページのトップに戻る


© 2002 Japan Clinical Research Support Unit. All Rights Reserved.