J-CRSU概要
ご挨拶

 EBM(Evidence Based Medicine:根拠に基づく医療)という言葉が喧伝され,わが国には治療・予防法の根拠となるデータが殆ど存在しないことが明らかになってまいりました。エビデンスを生み出すのは臨床試験に代表される臨床研究と疫学研究,そしてそれらを統計的に統合するメタアナリシスですが,研究者のアイデアを実施に移すために必要な資金の投入不足,そして研究を支援する人材・システムといった基盤整備がなされなかったことがエビデンス不足の根幹にあります。

 臨床・疫学研究は,計画・プロトコル作り・データ管理とコーディネーション・統計解析・報告書作成という専門知識と経験を要する多くのプロセスからなりますが,本NPOは,東京大学大学院医学系研究科疫学・生物統計学教室,財団法人パブリックヘルスリサーチセンター等の組織と連携し,これらの点で研究者の支援を行うこと,そして研究者と支援スタッフの教育を行うことをミッションとしております。

 欧米と三極をなす医学基礎研究と異なり,臨床・疫学研究の基盤整備に関し,わが国は欧米から20年以上遅れをとってしまいました。国民の理解と共感を得つつキャッチアップし,その健康福祉に貢献するためには,点から線,線から面(本NPOのロゴはこれを象徴しております)という研究者と支援スタッフのネットワーク作りが必要です。多少の錯誤は恐れず,草の根で試行を続けていきたいと思います。

理事長 大橋 靖雄 
大橋靖雄
基本的な活動内容
公的研究費に基づく臨床・疫学研究の研究支援
臨床・疫学研究方法論に関する教育プログラム支援
メディカルライティングに関する研究・教育活動の支援
保健・医療又は福祉に関する相談業務
外部公的臨床研究実施機関への職員の派遣による、
  臨床研究実施支援
保健、医療又は福祉の増進に寄与することを目的とした他の
  特定非営利活動の支援
役 員

理事長  大橋 靖雄  中央大学理工学部 人間総合理工学科 生物統計学研究室 教授、
東京大学名誉教授
理 事 大津 洋 国立国際医療研究センター 臨床研究センター データサイエンス部 臨床疫学研究室長/JCRACデータセンター長、
順天堂大学大学院医学研究科 先導的がん医療開発研究センター
本川 裕 (元)特定非営利活動法人 がん臨床研究機構 総務部長
山尾 彰 公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター
臨床研究支援事業 副統括事業部長
坂口 慶貴 IRCA及びJRCA登録 品質マネジメントシステム審査員(補)、
(元)国立国際医療研究センター 臨床研究センター 臨床研究品質マネジメント室 室長、
(元)東京大学大学院医学研究科 非常勤講師
松浦 千恵子  特定非営利活動法人 日本臨床研究支援ユニット
人材教育研修室長
監 事  立道 肇 一般財団法人日本リハビリテーション振興会 監事
社会福祉法人興望館 理事
全国労働衛生機関厚生年金基金 代表清算人

定 款