国立がん研究センター 東病院
がん臨床試験のブレイクスルー:学びのコツ 第3回 CRCの明日を考える

 がん個別化医療の実装が進む中、今回はCRCの教育にフォーカスを当て、テーマを「学びのコツ」としました。

 他施設ではCRCに対してどのような研修体制が取られているか?あるいはどうやって自己学習を行っているのか?はたまた海外の教育状況はどうなのか?6名の講師にご自身の経験談を元にお話頂きます。

 5時間のセミナーにはTake homeできるメッセージが沢山出てくると思いますので、是非、奮ってご参加ください。

【開催概要】
日 程 2018年2月3日(土) 13:00~18:00 (開場12:30)
会 場 千里ライフサイエンスセンター 5階サイエンスホール (http://www.senrilc.co.jp/
主 催 国立がん研究センター東病院 吉野孝之
(国立がん研究センター研究開発費 28-A-5)
協 力 NPO法人日本臨床研究支援ユニット
後 援 国立研究開発法人日本医療研究開発機構・日本臨床腫瘍薬学会
日本病院薬剤師会・日本看護協会・日本SMO協会・日本臨床試験学会
定 員 100名
参加費 セミナー:無料 / 懇意会:有料
参加申込 参加申し込みはこちら http://bit.ly/2yZiacx
【プログラム】
13:00~13:05
オリエンテーション
国立がん研究センター東病院 臨床研究コーディネーター室 木村雪絵
13:05~13:25
オープニング
国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野孝之
13:25~14:45
(80 分)
【国内のCRC教育状況】
<司会> 国立がん研究センター東病院 臨床研究コーディネーター室 原真幸
●若手CRCの自己学習
兵庫県立がんセンター 臨床試験管理室 渡邊あかね
大阪医療センター臨床研究推進部 臨床研究推進室 瀬野千亜紀
●SMOでの教育
(株)アイロム プロジェクトマネジメント本部 蜷川なおみ
●病院内での教育システム
大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 臨床研究センター 丸山秩弘
14:45~15:00
休憩(15分)
15:00~16:20
(80分)
【海外のCRC教育状況】
<司会> 国立がん研究センター東病院 臨床研究コーディネーター室 酒井隆浩
●海外の教育システム
JORTC/東京大学医科学研究所附属病院 藤原紀子
●韓国の教育システム
Asan Medical Cente Clinical Trial Center Elisabet Kim
【国としてのCRC教育方針】
●AMEDの方針
日本医療研究開発機構 河野典厚
16:20~16:35
休憩(15分)
16:35~17:55
(80分)
【パネルディスカッション】
<座長> 中央大学 大橋靖雄
国立がん研究センター東病院 吉野孝之
「日本のCRC、学びのコツはどこにある?」
<パネラー> 日本医療研究開発機構 河野典厚
ASAN Medical Center Elisabet Kim
(株)アイロム 蜷川なおみ
大阪医療センター 森下典子
東京大学医科学研究所 藤原紀子
17:55~18:00
総括
中央大学理工学部 人間総合理工学科 生物統計学研究室 大橋靖雄
問い合わせ先

NPO法人日本臨床研究支援ユニット

〒101-0021 東京都千代田区外神田2-19-3 お茶の水木村ビル2F
〒101-0021 第2回、第3回CRCの明日を考える 運営事務局
TEL: 03-5256-7475 / FAX: 03-3254-8037
E-mail:
WEB: http://www.crsu.org/
参加申し込み: http://bit.ly/2yZiacx